ARTICLE

記事

「ピッツァ窯の中の温度は!?」

2019/07/18
ピッツァと窯

みなさんこんにちは!

薪窯ナポリピッツァとワインのお店「マンマミーア」です。

 

前回は「薪」をテーマに掘り下げて書きましたね!

では今回のテーマは………

 

」です!!!

 

」ではありませんよ()!「」です!!!

皆さんはナポリピッツァを焼くのに「」の中の温度が何度くらい必要なのかご存知でしょうか?

実は、しっかりとした規定があるんです!

「真のナポリピッツァ協会」という伝統的なナポリピッツァを守るために1984年にナポリで創設された協会の規定によると、

・炉床の温度 485℃

・窯の天井の温度 430℃

・焼成時間 6090

といった感じです!

「炉床」とはでピッツァを焼きあげるための平らな面の事です。

ちなみに「日本ナポリピッツァ職人協会」という協会がありまして、

そちらでは

「1分ちょっとで理想的なコルニチョーネやピッツァの完璧な焼け方のためには、の中の温度が450度で炉床が少なくとも400度は必要」

となっています。

 

ここでひとつ疑問に思った方もいらっしゃるのでは?

「ピッツァ職人はピッツァを焼く際に、毎回、の中の温度を測っているのかなぁ?」

 

確かに窯の中の温度を測る温度計はあります。ネットでも購入できます。

しかし、ほとんどのピッツァ職人は使っていないと思われます。(あくまで僕の推測です。使ってらっしゃるピッツァ職人さま、大変失礼しました)

それでは、温度計を使っていないピッツァ職人の方々は、どういった方法での中の温度を把握しているのか???

 

その答えは次回の記事でご紹介します!

ちなみにマンマミーアのピッツァ職人も窯の温度計は使用しておりません!!

 

ご来店をお待ちしております。

 

【店舗情報】

マンマミーア(mamma-mia

814-0001福岡県福岡市早良区百道浜2-902-1 マリゾン内

アクセス

地下鉄空港線「西新駅」より徒歩20

西鉄バス「福岡タワーTNC放送会館前」より徒歩3

西鉄バス「福岡タワー南口」より徒歩3

営業時間

【ランチ】  11:3015:00

【カフェ】  15:0017:30

【ディナー 17:3023:00

 ※(フードL.O 22:00、ドリンクL.O 22:30)

【定休日】 毎週火曜日

 ※ワインの買い付け等で変更する可能性が御座います。

 

TEL:092-832-3353 (11:30~23:00)